« ライドシェア来腫~お上は白タクと判断し認めない~ | トップページ | »

ゼロウォーターとゼロドロップ

シュアラスターのコーティング剤・・・

個人的には一番のお気に入り。

Slide01_l

ゼロシリーズの違いは

ゼロウォーターが親水性。ゼロドロップが撥水性と紹介されています。

シュアラスター 商品情報ページ

屋外駐車場で炎天下に置いている自分の場合、水滴が残ったまま天気回復するとその水滴がレンズの役目をしてしまうみたいです。

ボディーにイオンデポジット(水滴の跡が焼付く)ができてしまう恐れがあるのです

(;¬_¬)

親水性の場合、大雨などの時天然シャワーのように汚れも落としてくれるので楽ちん^^

通常の雨でも帰庫後に泥を浮かしてそのまま放置しておくと雨が天然シャワーの役目をしてくれて翌日の出庫時に泥が残ってなくてそのまま出庫できる。

撥水性のが水をはじいてくれるので雨の日はそのはじき具合で満足感が増します。

自分が使用しているのはゼロウォーターですが、小雨の時ゼロウォーターも水滴になって、水をはじいてしまいます。

コーティング剤の違いを表すとき、親水性か撥水性で表すことが多いみたいだけど、調べてみたら疎水性って表現もありました。

ガラスのコーティング剤比較Wiki

これを読んでみると、ゼロウォーターは親水性というより疎水性って表現のが妥当な気がしました。

あまり聞かれる言葉でないのでシュアラスターの公式サイトでは親水性と撥水性の二つの表現だけで比較しているみたいですね。

ゼロプレミアム

S99

これが一番光沢性がいいみたいだけど、ちょい高いな(;¬_¬)

耐久性6ヶ月と書かれているけど、洗車回数が多い営業車の場合、リクルートされているほどの期間もたないんですよね~~~

個人的にはゼロシーリーズ一番最初のゼロウォーターが一番のお気に入りですね。

 

|

« ライドシェア来腫~お上は白タクと判断し認めない~ | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527450/62298608

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロウォーターとゼロドロップ:

« ライドシェア来腫~お上は白タクと判断し認めない~ | トップページ | »